この記事は約 3 分で読むことができます。

疲れた時こそ運動?!アクティブレストで効率的な回復を目指す!

世の中には、働き方や頑張る方法を
教えてくれる人はたくさんいますが、
『休み方』を教えてくれる人は意外といません。

Frozen-Water-Cubes-Balance1

あなたの応援に感謝します。
↓ ↓ ↓

アフィリエイト ブログランキングへ

 

今回は、疲れた時に効率よく休養をとり
身体を回復する方法についてのお話です。

疲れた時、あなたはどうやって回復させていますか?

・お風呂に浸かる
・とにかく食べる
・ひたすら寝る

などなど、
人それぞれ方法は色々あると思いますが、
今回は私おすすめの回復方法をお教えします。

 

ココロとカラダのバランス

その方法とは大きく分けて2つ。

適度な運動
適度な睡眠

 

『適度な睡眠』の方はわかると思います。
睡眠は疲労回復には欠かせません。

問題は『適度な運動』の方ですね。

 

「疲れてるのに運動なんかできませんよ!」

こう思う方もいると思います。
しかしご存知でしょうか?

スポーツの世界には、
アクティブレストという言葉があります。

 

これは直訳するとそのまま
『積極的休養』ということですが、

これはどういうことがと言うと、

疲れた時にすぐに寝たりするのではなく、
そういう時こそ積極的に体を動かして
適度な疲労感を体に与えるってことです。

 

勉強や仕事で疲れた時、
この「疲れ」というのは割合的に見れば多くの場合
精神的な「疲れ」のがほとんどなんですね。

 

もちろんある程度体にも疲労感はあると思いますが、
ようはこの時心と体のバランスが取れていない状態です。

ココロ⇒疲れてる
カラダ⇒疲れていない

こういったアンバランスな状態でいくら睡眠をとっても、
実はなかなか効率の良い休養にはならないのです。

 

ではどうすれば効率よく
心身ともに回復させられるのか?

そのコツは、バランスを整えるということです。

 

簡単です。

心が疲れているなら、
体も疲れさせればいいだけなんですね。

ココロ⇒疲れている
カラダ⇒疲れている

この状態にしてから睡眠をとると、
バランスが取れているため
両方が一気に回復しやすくなるんです。

 

これはおそらくやってみないことには
理解しずらいかもしれません。

実際に実感していただくのが一番早いかと思います。

 

私の場合は、毎日のようにPCの前で
キーボードをカタカタやっていることが多いため、
腰痛と肩こりに長年悩まされていました。

 

目の疲れもあって、仕事終わりは
そのままお酒でも飲んですぐに就寝したくなるのですが、

お酒の前に軽い運動を入れることで
疲労の回復度が明らかに良くなりましたね。

 

私の場合は、軽いランニングやスイミングで
アクティブレストを行っています。

これにより実際に肩こりもなくなりカラダも軽くなりました。

 

疲れた時こそアクティブレストを!

lgf01a201404250700

特に仕事で毎日忙しい方は、
一分でも早く寝たいと思う気持ちがあると思います。

その気持ちは非常によくわかるのですが、
一度騙されたと思って睡眠時間を20分削ってでも
その時間を軽い運動に当ててみてください。

 

アクティブレストではココロとカラダの
バランスを調整して適度な睡眠をとることで、
驚くほど回復力が高まります。

人間の身体ってすごいですね^^

疲れが取れずお困りの方は
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

このブログはいま何位?
↓ ↓ ↓

アフィリエイト ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずはゼロから10万円を目指す!無料メール講座

meilmagazine

コメントを残す