この記事は約 3 分で読むことができます。

人に伝わりやすい記事を素早く書く方法

記事をもっと早く書きたい…
一記事書くのに何時間もかかってしまう…
こんな悩みがある方は、ぜひ実践してみてください。

Fotolia_44076434_M1

いつも応援ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

アフィリエイト ブログランキングへ

 

そういう人の多くは、
最初からきちんと書こうとしすぎなんです。

速く書くためのポイントとしては、
ひとまず一気に全文を書き上げてしまうことです。
文章の完成度は50%程度で構いません。

1発目から完璧な文章を書こうとすると、なかんか手が進みませんよね?
「少し書いては消し、少し書いては消す」の繰り返しになり、
時間だけが無駄に過ぎてしまいます。

 

文章も絵画と同じなんです

Graphics-Painting-iconそもそも完成図が見えていない状態で、ディテールを
同時に仕上げていこうとすることに無理があるんですね。

文章で大切なのは、簡単にでもいいので
一度全体をザッと書いてしまうことです。

 

これは絵画でも同じですね。

プロの絵描きさんで、キャンバスの端から
少しずつ完璧に絵を描いていく人なんて、まぁいません。

普通は一度キャンバス全体にザックリと全体を描き、
その後で細部を仕上げていくはずです。

 

最強の作業スピードアップ法!

time-to-get-up-iconそしてもう一つ大事なこと。

それは、制限時間を決めるということです。

これは記事作成に限らず作業全般に言えることですが、
時間を決めることこそ最強の作業効率アップ法なんです。

 

人間というのは基本ナマケモノです。

本来なら15分あれば書ける文章でも、
持ち時間が30分あると30分かけてしまうものなんです。

しかし同じことでも10分という制限時間を設けると、
その時間に合わせるために脳がフル回転します。

これは試せばすぐにでも体感できることなので、
ぜひ作業には制限時間を設けてみてください。

 

最後は声に出して客観的に読んでみる!

制限時間を決めて一気に書き上げた後は、
客観的に読みながら細部の調整していきます。

読む際は、必ず声に出して読んでみましょう。

声に出してみると、目を通しただけじゃわからなかった
微調整部分にまで気がつくことがよくあります。

 

制限時間を決める

完成度50%を目指し一気に書いてみる

微調整して精度を上げていく

声に出して読んでみる

 

この癖がつくと、文章が書くのが早くなるだけでなく、
人により伝わりやすい文書が書けるようになります。

記事を書くのに時間がかかって困っているという方は
ぜひ意識してみてください^^

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずはゼロから10万円を目指す!無料メール講座

meilmagazine

コメントを残す