この記事は約 8 分で読むことができます。

学校では教えてくれない『お金』の真実

今回は、ちょっと難しい話をします。
難しいですがめちゃくちゃ大事なことなので、
特にまだ稼げていないという人はぜひ最後まで
目を通していただきたいと思います。

ハンドサインを出すスーツの男性

私が過去コンサルをやってきた中で感じたこと。
これは特に若い方に多いような気がするのですが、
お金を稼ぐことに対して自分でブレーキをかけてしまっているような気がするのです。

 

この根本的な原因っていうのは、
日本の教育にあると思うんですよね。

 

私は小学校、中学校の義務教育を受け
高等学校、4年生大学を卒業し社会に出ました。

 

中卒、高卒、大学院卒など色んな人がいますが、
これが日本の一般的な教育であり
おそらくあなたも似たような教育を受けてきたはずです。

 

 

ここで少し思い出してみてください。
今まで学校でお金に関する講義を受けたことがあるでしょうか?

私は一切記憶にございません。

 

でも、これっておかしいと思いませんか?

 

 

お金は生きていく上で非常に大切なモノであるのにも関わらず、
義務教育の段階でこの知識を教育していないのです。

 

海外では、小学生や中学生でも
投資の授業をしている学校も多いそうです。

でも日本では、お金に関する教育は
まったくと言っていいほど実施されていません。

 

不思議ですね。

 

日本人って、なぜか『お金』に対し
悪いイメージを植え付けられている気がしませんか?

 

お金は人の性格を悪くする
お金の話は汚い
お金の話はイヤラシイ
大金を手にすると金使いが荒くなる

 

もしかしたらあなたもお金に対して
こんなイメージを持っているかもしれません。

 

しかし、これだけは覚えておいてください。

 

これらのイメージは、デタラメです。

 

お金に人を悪い方へ変えるチカラはありません。
お金というものは、その人の性格を「助長する」だけです。

 

性格の悪い人がお金を持つとさらに性格は悪くなります。
お金に汚い人がお金おを持つとさらに金の亡者のようになります。

 

一方で、優しく大らかな性格の持ち主がお金を持つと、
さらに優しく大らかな人間になります。

気前がよく人から好かれる人間は、
さらに気前がよくなり人に好かれる人間になります。

 

こんな感じでですね、
お金はその人がもともと持っている人格を助長するだけです。

変化させるのではなく、もともとの人格を
さらに成長させるに過ぎないってことです。

 

ハンドサインを出すスーツの男性

 

そして、もう一つ。

私達がお金を稼ぐために
絶対知っておかなければならないこと。

『お金の使い方』です。

 

日本の学校では教えてくれませんが、
これが最も重要といってもいいでしょう。

実はお金の使い方というのは、大きく3つに分かれます。

『浪費』、『消費』、『投資』です。

 

『浪費』っていうのは計画性のない買い物、
つまり洋服を買ったり、お酒を飲みに行ったり、
ギャンブルにつぎ込んだりと、
まぁ言ってみれば「無駄使い」のことです。

 

『消費』は生きていく上で必要な経費、
つまり家賃、電気代、水道代、ネット代などなど、
必ず必要となってくるお金ですね。

 

『投資』というのは、自己投資のことです。
ビジネス書を読んだり、セミナーに参加したり、
アフィリエイトでレビューするためにその商品を実際に買ったりと、
使ったお金よりも大きな利益となって後に返ってくるモノです。

 

投資と聞くと、株式やトレードなどを
思い浮かべる方もいると思いますがここで言う投資とは別物です。

もちろんこれらには投資という側面もありますが、
本当の意味で投資として出来ている人は
成功しているほんの一握りの投資家だけなので。

 

 

この3つで言うと
日本で教育されるのは『浪費』くらいのものです。

「何かの時のためにお金は貯めておきなさい」
「無駄遣いは止めて節約しなさい」

私を含め、親にこう教えられた人も多いと思います。

 

しかしお金を増やすには、
節約や貯蓄だけでは不十分なのです。

浪費、消費、投資、これら3つをバランスよく行うことで
あなたの収入や総資産は増えていくんですね。

 

 

そして、注意してほしいのが
浪費と投資をごちゃごちゃにしている人です。

投資すべき時に、浪費を抑えるため節約してしまう。

もしこの時に投資していれば、
何倍もの収益となって返ってきていたにもかかわらず
その機会を逃してしまっている人です。

 

これは結局のところ、
『機会費用』を失っていることになります。

 

お金の使い方を教えられていないから、
こういう損失が起こるわけです。

じゃあどうやって
投資と浪費の区別をつけるのか?

つまり機会費用を失わないために
どこの投資すべきなのか?

 

これはズバリ、知識』経験』です。

ハンドサインを出すスーツの男性

知識への投資として最も効率がいいのが「書籍」ですね。

本には先人たちの知恵が余すところなく詰め込まれています。
先駆者たちの成功例を無視して我流で成功できる人なんてのは、
成功者全体の1%にも満たないでしょう。

 

自分のオリジナリティももちろん大切ですが、
結局は成功例をモデリングしてから自分のエッセンスを
加えていく方が手っ取り早く圧倒的に近道なのです。

 

そんな先駆者たちの知恵、何十年もの苦悩と努力が
本屋さんで数千円で手に入るのですから、これに投資しない手はありません。

 

 

そして経験への投資。

アフィリエイトに関していうと、
その商品を自分で経験してみるということですね。

 

私がいただくメールでよく
「ネタがなくて記事が書けません」という方がいるのですが、
記事が書けない原因は一つ、その商品を知らないからです。

 

しかし自分で体験してしまえば、レビューできます。

こう思ってたけど実際はこうだった、
ここは良いけどここがダメ、などなど
経験してしまえば記事に困ることなんてありません。

 

そしてオリジナルのレビューというものは
それだけで評価されるコンテンツとなります。

 

 

この投資を渋ってリサーチだけで記事を書こうとする人が多いのですが
まさにこの場合、機会費用を失っているわけですね。

上級者ならともかくはじめのうちは経験してしまった方が
リサーチよりも遥かに楽に質の高い記事が書けます。

 

 

もちろん経験への投資はアフィリエイト商品だけでなく、
一流レストランで食事する、稼いでいるビジネスマンと話す、
思い切ってスカイダイビングをしてみるw・・・などなど
自分を今よりも上のステージへ高めるイメージを
具体的に持ちやすくするための経験も非常に有効な投資と言えます。
経験することによって、世界が一気に広がりますからね。

 

 

また、知識と経験以外にも
『時間』への投資も賢い選択の一つと言えます。

 

時間は全員に平等のものですが使い方は工夫できますよね。

 

例えばアフィリエイト作業の外注化。
自分でやると時間のかかる作業を
いくつか外注に投げることで自分の時間を作り出せます。

 

また、狙ったキーワードでいけるかどうか
サイトを作ってアクセスを検証するために必要な時間を、
PPC広告を打てばすぐに結果がでるわけです。

 

ようはお金を払って「時間」を買うという、
これも一種の投資ですよね。

 

時間だけは平等に過ぎていきますが
このように効率はお金で解決できる場合もあるということです。

『知識』と『経験』、そして『時間』への投資。

 

まずは簡単な自己投資として、
本を読む習慣をつけることをおすすめします。

 

これはあくまで私個人的な見解ですが、
本ははじめから最後まで一字一句ちゃんと読む必要はありません。

自分に必要な部分だけ吸収して
今のビジネスに役立てればそれでOKです。

 

 

そして、
本を読むという自己投資とともに
浪費癖をまずは見直しましょう。

買い物をするときには、
本当に今の自分に必要なものなのかを
もう一度考えてから決断するようにしてください。

残念ですがおそらく9割の買い物は浪費と
見なすことができるでしょう。

 

ハンドサインを出すスーツの男性

はい。

ということで少し長くなりましたが、

 

浪費、消費、投資、この3つのバランスを
整えることが収益拡大への一番の近道ですっていう話でした。

 

 

これがしっかりとできるようになれば、
あなたが目標としている金額を稼ぐのはそう遠い未来ではありません。

人生における価値基準は人それぞれですが、
金銭的自由を得ることができれば今よりも色んなことが可能になります。

 

好きなだけ稼いで、
時間に縛られず、
やりたいことをやる人生。

 

その第一歩として、まずは正しいお金の使い方を身につけましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずはゼロから10万円を目指す!無料メール講座

meilmagazine

コメントを残す