この記事は約 3 分で読むことができます。

アウトプットの重要性『学習の5段階レベル』

「あ~それ知ってる知ってる~」
「わかってるんだけどさぁ~」

実は何も身についていないことに気づかずに、
学べていない人が多すぎます。

arrow0221

こういう人に限って
知っている「つもり」、わかっている「つもり」なんですね。

「つもり」では何の役にも立ちません。

 

そこで今回は、
本当の意味で何かを学ぶには、
アウトプットしましょう!っていうお話です。

 

学習の五段階レベルというのをご存知でしょうか?
知らない方のために簡単に説明しておきますね。

レベル1:何も知らない
レベル2:少し知っている
レベル3:知った上で実践している
レベル4:余裕で実践している
レベル5:人に教えることができる

 

このように、学習には五段階のレベルがあり
完璧に学びを得るにはレベルをどんどん上げていく必要があるんです。

 

で、

冒頭にもお話した通り、
あ~それ知ってる知ってる~とか、
わかってるわかってる~っていう人のほとんどは
レベル2の状態で止まっています。

まぁよく言ってもレベル3に
いってるかどうかくらいですね。

 

これはまだまったく身についていない状態なわけで、
ここから完全に自分のものにしていくには『実践』、
つまりアウトプットがどうしても必要になってきます。

 

これは先ほどのレベル表を
見てもらえればわかると思いますが、

レベル2まではインプットだけ。
レベル3以降はアウトプットをしているのがわかりますね。

 

これは何を学ぶときにも当てはまります。

 

sub_m02

例えば、車の運転でもそうです。

はじめは何もしらない状態から、
授業なり講習なりを受けます。

しかしどれだけ授業を受けても、
実際に運転の練習を重ねないことには上達しませんよね?

 

慣れないながらも、
ぶつかったりエンストしたりしながら
徐々に上達していくわけです。

そして慣れれば、余裕で運転できるようになります。
人にコツなども教える事もできるでしょう。

 

こうなった時にはじめて、
「完全に車の運転をマスターしている状態」と言えるわけで、
「車に乗ったことがないけど知識はある状態」では話になりません。

 

 

アフィリエイトでもまったく同じです。
何かしら知識をインプットしたら、
どんどん意識的にアウトプットしましょう。

 

実践する中で、わからないことが必ず出てきます。
そしたらまたインプットして、またアウトプット。

この繰り返しで、抜け落ちていた部分もわかりますし
習得するスピードも断然速くなります。

 

そして人に教えることにもチャレンジしましょう。

 

人に教えるとなると、
もちろんうる覚えではダメですよね。

教えるにはまずあなたが得た知識を一度自分の中で咀嚼し、
再構築する必要があります。
それができてはじめて人に教えることができるわけですから、
「教えることができる」自分を目指しましょう。

 

『インプットした知識は、必ずアウトプット』

これが自然とできるようになれば、
学習効率は驚くほど良くなります。

 

ぜひ意識して取り入れてみてください^^

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずはゼロから10万円を目指す!無料メール講座

meilmagazine

コメントを残す