この記事は約 3 分で読むことができます。

強敵ステージで『布の服』と『どうのつるぎ』じゃ勝ち目はない

ライバルが少ない場所で勝負した方が
勝率が上がるのはわかりますよね?

単純に母数が減るわけですから。
これはアフィリエイトでも同じことです。

lgf01a2014062716001

応援よろしくです。
↓ ↓ ↓

アフィリエイト ブログランキングへ

 

アフィリエイトでなかなか稼げるようにならない人って、
ライバル達がひしめく激戦区で勝負しようとしてる場合がほとんど。

これ、どう考えても効率が悪いわけです。
特に初心者の方なら尚更ですよね。

 

周りが最強レベルの武器を装備しまくって戦ってるのに、
自分だけ布の服着てどうのつるぎでファイティングポーズみたいなね。

それじゃ勝てなくて当たりまえなわけで。

なぜわざわざ勝てる見込みの無い場所で
勝負しようとするんですか?って話です。

 

どう戦うかを考えても勝てる見込みは少ない

じゃあそんな装備も武器も弱いレベル3くらいの状態で
勝つには為にはどうしたらいいと思います?

これは簡単。

強いライバル達とどう戦うか?に頭を使うより、
どこで戦うか?を考えることです。

ようは、戦うフィールドごと変えてしまおうってことですね。

 

よくビジネスで「ブルーオーシャンを狙いましょう!」
と言われるのはこういうことです。

アフィリエイトでも効率よく稼ぐためには、
やっぱりココを狙っていった方が断然早い。

ライバルが多い場所で戦うからSEOだ何だかんだと必要になるわけで、
場所さえ変えればそんなことはたいして重要ではなくるんですよ。

 

脳みそに汗かかせましょう!

じゃあその目指すべきブルーオーシャン。
どうやって見つけるか?

ここはある程度「発想力」というものが必要だったりします。

 

販売ページから拾ってきたようなキーワードじゃなくて、
パッと思いつくようなキーワードでもありません。

脳に汗かいて、考えて考えまくって絞り出すキーワードです。

 

この発想力を養うのがはじめのうちはなかなか難しくて、
なかなか思考の迷路から抜け出せずに
グルグルと回ってしまう方が多いわけですが。

 

その商品を欲しいと思う人はどんな人なんですかね?
じゃあその人はどんな情報を求めているんですかね?

このあたりの発想力の鍛え方を具体例を交えながら
解説してくれているのがこの教材です。

 

正直、1回読んだだけでは「ん?どゆこと??」となる方が多いと思いますが、
稼げている人たちから見れば「そうそう!」という内容になってますw

小難しいSEO合戦で勝負したいという方は無視してOKですが、
キーワード選定でもっと楽に勝てるようになりたいならこれは必ず目を通しておくべき。

巷に溢れる数万円するようなアフィリエイト教材より
よっぽど為になる内容だと私は思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■まずはゼロから10万円を目指す!無料メール講座

meilmagazine

1件のコメント

  • 無謀な初心者

    こんにちは、

    先日、色々とSEOなどの情報を探してこのサイトにたどり着き、中身の濃い記事を読ませているうちに、自分の探しているものであるような気がしてこちらの教材を購入しました。

    読んでみて、「うぉ、そうだったのか!」と叫ぶこと数度、本当の意味で「訪問者本位のサイト」というのはこういうことだな、と気づかされ、今までネットや教材で集めた情報のパズルがはまった気がします。

    リンク先のページの文章にはビックリしましたが(笑)

    私は技術的な部分は、趣味と仕事で大丈夫だったのですが、アフィリエイトの基本が分かっていない状態で「中級者向け」と言われる物販アフィリの王道教材を購入し、物販サイトに挑戦しました。が、概念的な部分は分かるものの、キーワードの考え方や成約に結び付けられる文章の書き方、などの部分の具体的なやり方が分からずに、サイトを30個ぐらい立ち上げる途中で力尽き半年ほど離れてしまっていました。

    サイトを作ってみる経験をした時に、「文章書くのは難しい・・・」と痛感しましたので、とりあえずは文章から、とコピーライティングの教材(4000円)を読み無料ブログで記事を書く練習をしていたところ、自分にとって分かるようで分からなかった「キーワードの考え方」の教材に巡り合い、今後の努力の方向性が見えた気がします。結果も何も出てない状態ですので、これから実践あるのみなのですが。

    コピーライティングの教材の場合もそうですが、決め手になったのは「誰が推薦しているか」の部分でしたね。世良さんのサイトを読んで大いに得るものがあったから、推薦者を信じて購入することができる。私もそういうサイト作りを目指して、経験を積んでいきたいと思います。

    長々と失礼しました。

コメントを残す